FP3級
PR

【FP3級】投資型金融商品-外貨建て金融商品について

taku7983
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

外貨建て金融商品について

外貨建て金融商品の基本

外貨建て金融商品とは、円を米ドルやユーロなどの外貨に換えて運用する金融商品をいいます。

外貨の取引では日本円から外貨に換えるのに為替レートが使用されますが、為替レートには3つの種類があります。

  1. TTS(Telegraphic Transfer Selling)対顧客電信相場
  2. TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)仲値
  3. TTB(Telegraphic Transfer Buying)対顧客電信相場
〇×問題

外貨預金をする際に、預金者が円を外貨に換えるレートはTTBである。

Q
答え

×:預金者は外貨を購入、銀行は外貨を売却のため、レートはTTSです。

為替リスク

外貨建て金融商品は、為替レートの変動による為替リスクがあります。為替レートの変動によって生じた利益を為替差益、損失を為替差損といいます。

例えば、1ドル100円の時に金融商品を購入した場合、円安となり1ドルが100円より高くなれば為替差益が生じ、円高となり1ドル100円より低くなれば為替差損が生じます。

外貨建て金融商品の種類

主な外貨建て金融商品には、外貨預金外国株式外国投資信託があります。外貨預金は、銀行で外貨預金口座、外国株式および外国投資信託は外国証券取引口座を開設する必要があります。

  • 外貨預金
    • 日本国内の預金保険制度の対象外
    • 定期預金は原則、中途解約不可
    • 利子は利子所得、為替差益は雑所得
  • 外国株式
  • 外国債券
  • 外国投資信託
  • 外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)
    • 売却手数料なし
    • いつでも解約料不要で換金可能
    • 譲渡駅は譲渡所得として申告分離課税の対象
〇×問題

外貨建てMMFは円貨で購入時に売買手数料および為替手数料がかかる。

Q
答え

×:円貨で購入する場合に為替手数料はかかりますが、外貨建てMMFは売買手数料はかかりません。

次のページ
【FP3級】金融資産運用-金融商品の税金
【FP3級】金融資産運用-金融商品の税金
前回のページ
【FP3級】投資型金融商品-投資信託について
【FP3級】投資型金融商品-投資信託について
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
ゆか
ゆか
OL
大学卒業後、製造業の事務職で10年超(現在も)。30歳の時に将来の不安から不動産について興味を持つ。過去に不動産は5棟購入し、2棟は売却済み、現在3棟を保有。2023年に当サイトを開設。趣味は、読書、カフェ巡り、旅行。
記事URLをコピーしました